4つの質問


Q1

日常業務で、走っていますか?
それとも、ゆったりと仕事していますか?


キーワードは、ストップ&ルック(立ち止まって振り返る)。

”走る”というのは、時間に追われているだけでなく、
仕事に追われ自分自身を見失っている危険性があるからです。 
仕事生活(私生活)を自分なりに振り返ってみると、頑張ったこと、
うれしかったこと、失敗したこと、悔しかったこと等いろいろあると思います。
そして、現在の自分を確認します。

ある人は、仕事生活も私生活も充実していると答えるでしょう。
逆にある人は、仕事も私生活も最悪と答えるかもしれません。
しかし、大半の人は、
「そこそこ頑張ってはいるものの、打ち込んでいる実感がわかない」とか
「今はまだ大丈夫だが、このまま行くと将来はどうなるのだろう?」
という不安な状態、つまり”モヤモヤ状態”ではないでしょうか。

いずれの場合も、そういう自分がどちらの方向に向かっていけば、
もっともっと自分らしく仕事生活も私生活も充実できるかを考えます。
まさに、自分のために、立ち止まって振り返ることが大切なのです。  

 Q2 日常業務で、任されてのびのびと仕事していますか?
それとも、制約の中で少し窮屈な思いをしながら仕事していますか?
 
私たちは”自律”を目指します。

上司や先輩に頼らず自分の業務をこなしていく”自立”は大丈夫かもしれませんが、ここでは周囲に働きかけて巻き込んで、成果を出せる”自律”を目指します。
その為には、取組む(与えられた)課題に対して、どうすれば達成できるか、まず自分で考えましょう。ゴリゴリ頭を悩ますことに意味があるのです。
ひと昔前までは正解やお手本もたくさんありました。
ところがこれだけ環境の変化が激しい時代にあっては、A社では『正解』でも、B社でもそうとは言えないのです。
昨日は『正解』でも、今日か明日にはそうでなくなることもあるのです。
目的を十分に理解した上で、まず自分で納得できる解答(仮説でもよい)を持って、更に周りのスタッフと協議して最適解を求める必要があると思います。

次に、自分だけが”自律”していても、周囲も自律していなければ、
共同で課題に取り組むことも、ましてや成果を出すことは難しいと思います。
大切なパートナーの”自律”を促しているのか、逆に邪魔をしていないか、
ここでしっかり考えることにも大きな意味があります。
 
 Q3 組織や職場の方向性や社会や顧客(住民)からの期待を意識して、
自分なりに視野を広げながら仕事をしていますか?
それとも目前の課題をこなすことだけで精一杯の状況ですか?
 
キーワードは”自分らしく”働くです。

私たちは、自分の為に、そして家族の為に働きます。
一生懸命働くのですが、
それが単なる”自己満足”で終わるのは勿体無いと思います。
『社会に貢献したい』 『お客様に喜んで欲しい』 『職場の仲間の役に立ちたい』など意識しながら仕事すると思うのです。

組織の一員として、様々な職種のプロとして、あるいは一人のビジネスパーソンとして、働くことが自分にとってどのような意味があるのか意識することで、
 ”受け身””やらされ感”から抜け出す可能性が高まります。

100人いれば100人なりの”自分らしさ”があり大切にしますが、
”自分らしく”働き生活することが”独りよがり”になってしまっては勿体ない。
”自分らしく働く”ためにこそ、周囲の期待や変化を知る必要があります。
つまり、これまで以上に”視野を広げる”必要があると思うのです。
視野を広げると言っても、いきなり全方位ではなく、
まずは自分の興味や関心領域から少しづつ広げていきましょう。
 Q4 現在、仕事や私生活は充実していますか?
それとも、充実していませんか?
 
充実していると答えた人も、充実していないと答えた人も
場合によっては錯覚している危険性があります。
仕事生活や私生活の全体像を漠然と捉えるのではなく、
細部を見直し、多面的に捉えたり、視点を変えてみることも大切です。

仕事全体では充実していなかったり、もの足らない面があるでしょうが、
視点を変えてみると、理解し合った仲間や自分にしか出来ない課題など
プラス面も見えてくると思うのです。

つまり、
何故自分自身が充実しているのかいないのか、
何故大切なパートナー(同僚、上司、先輩、後輩、顧客(住民)、関係先、
家族、友人、恋人・・・)が充実しているのかいないのか、
”なぜ?なぜ?”を大切にしましょう。

仕事上でも、私生活でもプラス面を探すことが大切です。
そして、プラス面に焦点を当てて、エネルギー源にしながら、
徐々にマイナスをプラスに転じていきましょう。

  ようするに…この場面を通じて、自分と向き合います。
では何故、自分と向き合うのか?
 
自分と向き合うことは、決して楽ではなく、時に痛みや苦しみも伴います。
強い・かっこいい自分ばかりではなく、
弱い自分や嫌な自分が見えてくることもあります…。
それでも、強みも弱みも全て含めた現在の自分なのです。
 
自分の価値観や強み・弱み、使命や役割を整理した上で、

   1.魅力的で具体的な将来像を描いたり、

   2.今後の方向性を見つけたり、

   3.今の仕事が「面白い」とか「意義ある」とか「好きだ」ということに気づき、

より自分らしく行動していく課題を設定するために、
この場面を少しでも活かしてください。