受講生からの便り&メール


No.1 1997年12月7日〜8日(某検査薬メーカー:主任研修)
   こんばんわ、主任研修でお世話になりました、・・・・・・の・・です。
 過去にも色々な研修を受けてきましたが、先生のような熱い講義は記憶にありません。先生の熱い講義好きです。
 今回のようなテーマは、単に論理的なものだけでは結論は出せないと思うし、かといって精神論だけでもだめだと常日頃から思っていました。
 会社という組織の中で、自分が埋没してしまうことを避けるには、結局は自分というものをしっかり持っていることが不可欠だと思います。
 その上で、例えば、会社を再建するというような共通目的に取り組むしかないと思います。
 今回の研修後、みんなが覚醒して、眠っている能力や才能が発揮されればよいと思います。
そのベクトルがまとまって1本の太いベクトル、名付けて”主任’S パワーアロー”(!?)になって、見事に的を射抜けば最高だと思います。
 妙に気分が高揚していて、変な文になってしまいましたが、お許し下さい。
 これからの会社の状況など、お知らせできればと思っています。
 また、なにかありましたら、よろしくお願いします。