受講生からの便り&メール


No.33
2003年10月22日〜23日(某医療関連企業:キャリアプランニング研修)

矢野正先生へ

私は、10月22日、23日の2日間、先生の研修を受けさせていただきました、■■■の○○○○と申します。

今回の研修は、感想ラベルにも書かせていただいたんですが、今の私のための企画?と思うくらい、内容が私にぴったりでした。
今の会社に入って4年目、現在の勤務になって3年目です。
毎日仕事に追いまくられて、自分の仕事の意味や自分自身のやりたいこと、自分自身というものさえも見失っていました。
心身とも疲れ、やるべきことはわかっていても取り組みができないという、かなりな追い込まれようだったんです。

そんな毎日の中で、9月に今回の研修参加の連絡が届き、3日間、私に時間がもらえることでうれしく思っていました。
事前に届いたスケジュールでは、どういうことをやるのか、漠然としかわかっておらず、でも何かきっかけになればという気持ちで参加しました。
研修が近づくにつれ、仕事へのやる気がちょっと戻ってきたこともあったのですが、研修を受けている間とても目の前が明るくなってきました。
若いメンバーとの合同研修という形には、最初戸惑いがありました。
若い人たちの意見と合うのか、分かり合えるのか。
そんな先入観もありながら、グループ討議などをやっていました。
でも、やっていくうちに、自分の話に興味を持ち、真剣に聞いてくれる姿や、若い人の考えを聞いたりしているうちにそんな垣根もなくなったように感じます。
「最近の若者は・・・」と言いたくなる人が多いのも事実ですが、今回はそういうことを感じませんでした。
私は転職を数回していますので、その経験談などを話したりすると、経験のないことなのでとても興味深く聞いてくれました。
みんなに自分のことをラベルに書いてもらったときも、本当にどきどきしましたが、「仕事に前向きである」と言う言葉を書いてくださっていました。
ちょっと前は本当にマイナス志向でやる気もほとんどなかった自分が、他の人の目にそう映ったことが本当にうれしかったです。
それに、自分でも今は「やる気があります!!」と言う事ができます。

今日の感想ラベルにも書かせていただきましたが、ぜひ自分としても今回の研修内容を取り入れ、担当する病院の社員たちに研修をしたいと思います。
まるままはしませんが、流れや手法を盗ませていただき、研修させていただいてよろしいでしょうか?
こんなに私自身が元気になれたのですから、がんばって欲しい社員たちにももっと元気に楽しく仕事に取り組む喜びを味わさせてあげたいです。
長くなりましたが、本当によい研修に、よい先生に巡り合えたなあと思い、メールをさせていただきました。
2日間、本当にありがとうございました。
今後もご指導いただければと思っております。