受講生からの便り&メール


No.5 1999年7月6日〜8日(生協関連)
  先日のキャリア研修に参加した・・といいます。
 予想通り2日目の感想ラベルに貴重なコメントを頂きましたので、最終日の感想ラベルに書いたように、(迷惑かもしれませんが) 何らかのお返しをしたいと思っています。自分のことを話すのは好きなほうではありませんが、参考になればと思います。
 おそらく今回の研修の中心対象から外れていることに、少し刺のある感想の主原因があると思います。ご承知のように、私はテキストで言う中期キャリアから後期キャリアの境目くらいに属し、本来ビジョンに向かっての収束期にあるべきですが主観的にはそうなっていないことにやや焦りを感じています。そのため無理難題でしょうが、今の職種が合っていないと思っていることもあり、もう少し結論がほしいという気分が感想につながったのでしょう。
 ただし、ひとつだけ不満があり「正解がない」ことはその通りですが、もう少しこう考えてみたらという助言はあらゆる面で頂きたかったと思っています。失礼かもしれませんが、作業の方法等よりそのことに今回の研修の意味があるのではないでしょうか。参考にするもしないも個人次第ですが、事例等は豊富すぎるくらいあって良いと思います。
 矛盾するかもしれませんが、キャリアの軌跡の整理は非常に良かったと思えます。あの中にビジョンの萌芽があるはずと納得できました。
 勝手ながら、研修を受けて講師の方に手紙を書こうと思ったのは初めてです。