受講生からの便り&メール


No.8
2000年9月28日〜29日(某メーカー):35歳の技術係長さん
 

矢野先生、先日の研修ありがとうございました。
研修後、アンケートと感想を書き込んだのですが時間が足りずもう一度あらためて感想をメールいたします。
実は自分の生き方が見えず、昨年末から相当悩んでいました。
きっかけは同僚の突然の退職でした。彼が「辞める」事を私は止めました。もちろん、35歳過ぎになって大きな企業を捨てる事に大変なリスクがあると考えたのです。
しかし彼は「俺は自分の考え方を持ちそれに自信があるから辞めるんだ。リスクなんて問題じゃないんだ!」この言葉にショックを受けました。
この日以降、自分の考え方って何だろう?と考えるが答えは何も見つからず、ただ仕事の忙しさに流される日々が続きました。
しかし今回の研修で最初の方に実施した「コップの使い方」で物の見方(視点)をかえる事の大切さ。
色々な職種の人に自分を知ってもらう事(情報の提供)で自分の今迄やってきた事に自信を持つ事。
以上の2点で何か突破口を見出せたような気がします。

この仕事をしていて「やっぱり車が好きなんだ」「メータの仕事が好きなんだ」と改めて実感しました。
どうも今の仕事に当分専念したい。まだ沢山やるべき事がここには有ると考えました。
当分仕事の虫になってしまいますが、これもひとつの人生であると思います。(脂の乗った時期?とでも言うのでしょうか)
但し、家族とのふれあい、今はあまり連絡の取れない友人も大切である事は新しく知る事が出来たといってもいいと思います。
色々な方法で連絡・接点を取り合ってみたいと考えます。
しかし、eメールって便利ですね。
かみさんに内緒でパソコン買ってしまおうか・・・
あまり会社で私用のメールは御法度だから。
自分に良い出資かな?でもいつもの3日坊主にならなければいいが。

今は結構前向きな気持ちですがまた考え方、目標に詰まったら今回のテキスト、ワークを見直してみようかと思います。

またメールします。
乱筆、乱文お許しください。