感想集:某県庁:キャリア開発40研修(2)


G 1日目(2013.08.19)の感想 2日目(2013.08.20)の感想
A ■子どもが産まれるのですが、どこまで子育て参加できるか(すべきか)悩んでいます。
■私の仕事は年度の後半に増加する為、うまく調整したいのですが…。
■仕事への関わり方について、改めて今回考えてみて、ヒントになれば良いと思っています。
■転職して県庁に入ろうと思った時のことを思い出したのですが、その時の想いはまだ消えていないことが確認できました。
■少しでもやりたいことに近づけるようにしたいです。
A ■同グループの経験談、人それぞれの目線で見ていることがわかり、「へぇ〜」ということが多くあった。 ■「これからの自分を描く」により、
目的、方向性、夢を文字にすることで、「なんとなく」だったものが「具体的に」意識出来るものに近づいた。
■思いつきもあるが、恐らく、気持ちのどこかに眠っているものではないか。
A ■今までのキャリア研修を受けてもモヤモヤが晴れなかったので、勤続20年40才の節目の今回こそ、モヤモヤ感が晴れるよう期待しています。 ■2日間ありがとうございました。
自分を振り返り、メンバーや先生の話を聞き、今まで周りの人に育ててもらってきたことを再認識しました。
■これからは、自分が後輩たちのお手本に、すこしでもなれるよう仕事に取り組んでいきます。
A ■自分の進む方向性はまだ見つけられないが、同年代の人達の状況を聞けて良かった。 ■とりあえず、今の仕事を頑張れば、次に繋がる気がする。
■その後の進む道は、これから見つけたい。
A ■税務関係の事務を担当しています。
■本庁で華々しい事務を担当した訳でもなく、正直気が重い研修でしたが、久しぶりに同期にも会えて楽しいです。
■感情に任せた発言が多かったと思ったので、周りから厳しく批判されるのではと、相互フィードバックでおびえてしまいましたが、温かい反応だったのでホッとしました。
■これから仕事頑張ろうと思いました。
     
B ■本日はありがとうございました。
研修内容とは別に、先生はあちこちで講師を務められていますが、その様になれた秘訣が気になってしまいました。
■二日間ありがとうございました。
二日間ですぐに自分を変えることは出来ませんが、気づきの場であった様に思います。
■また、本研修が働きやすい職場環境づくりに役立つことを願っております。
B ■40才は”不惑”の歳。
されど惑うばかりで、自分が幼稚なのかと悩んでいました。
■民間企業では役職についてそれなりに責任を持って仕事をしていた為、格差を感じています。
■公務員は”ゆるい”と言われますが、このままで良いのか働き方に疑問を感じています。本研修で糸口が見つかれば良いと思います。
■「民間との差がある」から埋めてやろう(自分で)という気持ちになれたのが収穫。
■「遊び(クリエイト)を入れつつ仕事をする」ことが発想力をつけるので、今後その様にキャリアを積んでいければ良い。
B ■自分で考える自分の能力と、他人から見た私の能力が異なり、もう少し自分に自信を持っても良いのかなと思った。 ■最後のコメントをもらえたことが嬉しかったです。
■自分のキャリアが定まったとは言えませんが、少なくとも明日から前向きな気持ちで仕事に臨めると思います。
ありがとうございました。
B ■この種の研修は、受けた直後は頭に残るが、数週間もすれば忘れてしまう。
■結局自分次第ということだが、自分は研修を活かせる自信が無い、というのが正直なところである。
■1日目に研修内容を活かす自信が無いと書いたが、活かしていきたいと感じることが出来た。
■少しだけ意識が変わったと思うので、これを大切にしたい。
B ■「私の歩みを振り返る」ことで、忘れていた経験や財産を思い出すことが出来た。
■過去の充実した経験をメンバーに認めてもらえ、いつになく嬉しい気持ちになれた。
■グループワークを進めていくにあたり話し易い雰囲気づくりが出来てきて、日頃の悩みをメンバーに聞いてもらいストレス発散になった。
■メンバーはそれぞれ、海外に目を向けていたり、資格をとったり、新たな志を持っていたり、前向きで自分にとって刺激になった。
     
C ■キャリア開発はその後のキャリアを検討する上で、成果の創出と、その成果の評価・処遇・配置等の一連の人材マネジメントシステムの構築が不可欠と感じる
■更なるキャリア開発と制度の充実を期待したい。
■他者との意見交換により、自身の強みを再確認することが出来た。
■弱みの克服も大切であるが、強みを伸ばすことの方が、残りのキャリアにおいては重要と感じた。
C ■この研修が最終日にどの様な結果になるのか、もやもやしています。 ■研修では、個人の自律を求める組織の要求が分かりました。
■逆に組織も変化しないと、マッチング領域最大化は難しいと感じました。
C ■異動により場面が変わり仕事に乗っていないが、逆に新しいものへのチャレンジでもあると前向きに考えるのも必要であると、少し思うようになった。 ■研修で、他の人の価値観や自分の価値観を確認出来て良かったです(普段では聞くこと自体ない為)。
C ■あまり思い出したくない過去を、ほじくり返した感じがあり、ブルーにもなりました。
■が、言っちゃったら、かえってちょっとスッキリしちゃいました。
■職場に戻れば「やっぱり人は嫌い」と思いそう。環境が人を変える気がします
■でも意外に、今の自分やこれからの自分を考えることも止めないと思います。
■2日間はいろいろお話出来て楽しかったです。
     
D ■先月、今後の仕事人生と私生活のことを充分に考えて住宅購入を決めたばかりですが、今日の研修で再度考え直した方が良いのかと思うほど、考えてしまいました。
■明日はスッキリして帰れるようにもっと考えます!!
■昨日、今日と自分をしっかり見つめ直すことが出来ました。
■住宅購入し、新しい転地でスッキリした気持ちで将来に向かうことが出来ることに感謝します。
■自分自身を見つめ直し、きれいになれた気がします。
D ■自分固有の能力について考えるのは、私にとって難しかったです…。
5年前にも「私って何があるのかな?」と悩んだ記憶がありますが、また悩んでしまっている5年後の私。
■でも、その様に悩む暇さえなく、日々に追われているので、貴重な時間ではありました。でも、明日もちょっと頭が痛いかもです…。
■2日間終わって、やっぱりまだ心が揺らいだままですが、皆の話をたくさん聞けて、自分も話すことが出来て、多少スッキリしました。
ありがとうございました。
D ■「働く意味」について、自分が働くのはお金の為だけだと思っていた。
■しかし、「働く目的」の経済的価値が40%しかなく県民や同僚といった他の人の為や自己実現の為に働いていることに気づくことが出来た。
■研修に来て、今までの「とりあえず税金についての仕事をしていければいい」という考えから、「国、県、市の税務行政の連携を図る」という自分でも思っても見なかった目標が出来て、非常に驚いた。
■この目標に向かって行動していきたい
D ■「私は〇〇〇の専門家です」と胸を張れるものがありません。
■今後、どんな分野に進んでいくのか、全く見えていません。
大丈夫なのかと、不安になりました。
■日々に追われ、事前課題に真剣に取り組む時間もなく、キャリアと言える様な経験もないのでとても不安な研修でした
■でも、今は何となくではありますが、仕事で進むべき方向が見えてきた気がしています。ありがとうございました。
D ■私の歩みを振り返るを発表した時には多少緊張したが、話し終わった後には何かスッキリしたような感じがした。
■普段自分の職歴を話すことなど滅多にないが、自分の話というかそういうものを誰かに聞いてもらいたいんだなと思った。
■グループでいろいろと将来の目標などをワイワイ話しながら共有できたことは、非常に有意義だった。
■自分の5年後の姿がぼんやりとだが見えたような気がする。
     
E ■自分のことを聞いてもらえる場を提供して頂き、ありがとうございます。 ■2日間の評価は、自分ではこれからの展望をネガティブに設定したつもりであったが、他者の評価は「前向き」とのことで意外であった。
■自分の意識を多少なりとも前向きにしていきたい。
E ■自分の能力や考え方の方向性に気づいた。
■しかしながら、自分の思った仕事につけるかというのがなかなか難しいと思います。
■自分のキャリアを考えると、やはり周りの状況や人事の影響が強くて、考えるとますます悩みます。
■35才の研修の時、キャリアを考え自分の進みたい方向に異動したのですが、数年後に他人の異動の為にまた違う方向に行きました。
■とりあえず、現状の仕事をがんばります。
E ■明日の夕方には、上昇思考になっているのか?
明確な将来像を描けているのか?
不安。
■はっきりした将来像が描けたかどうか疑問だが、自分を見返り、少し方向性が見えた気がする。
■他のグループの人達は、この研修でどの様な成果が得られたのか(人それぞれだと思いますが)気になる。
2日間ありがとうございました。
E ■向き不向きのある研修だと思いました。 ■残念ながら、自分には理念から合わない研修でしたが、全員に合うものなどないので、他の方には得るものがあったのではないかと思います。
E ■自分を初対面の人にさらすのは恥かしい思いでしたが、逆にストレスを発散出来ました。 ■普段何かを作れとか工事を早く発注しろとか日々追われている中で、そういうものがない感じの内容で、思ったより楽しく出来ました。
■また思ったより今後仕事をどの様に進めていくか考えることが出来た。
■仕事も未来の自分を形成する為の術として割り切って楽しんでいきたい。
やりたいことも思い出したので!!
     
■自分固有能力の発見を通じて、自分のことを振り返ることが出来、自分の立ち位置を確認できました。 ■2日間の研修を通して、同年齢だが職歴・経歴の違う方々と今後のキャリア形成について話が出来たのは有意義でした
■収入を得ること以外の、働く意義を少し考えてみようと思いました。 ■この研修への参加は全然気が進まなかったが、参加するからには少しでも実のあるものにしたいと思い、少しは来て良かったと思えた。
■講師と受講生との距離が縮まるのに時間がかかったと思います。
■受講前に、矢野先生からの一言や、講師紹介が配布されていれば、受講生ももう少しスムーズに研修に入っていけるのではないでしょうか。
■働く意味を見直す良いキッカケとなりました。
■CDPという意味では、もう少し仕事の方向性を考えることが出来たら良かったです。
■(社会人採用なので)研修を通じて、知らない同年代の人と知り合うことが出来ました。
■県は、転職や復職がいつでも出来る組織になると良いと考えています。人の流動性のある職場が理想です。
■研修講師はファシリテーターとして、参加者の気づきを促すことに徹していて、有意義な時間を過ごすことが出来ました。
■仕事を忘れ、自身を見直す機会はなかなかありません。こうした研修がいつまで続けられるか、組織の体力が心配になりました。
■自分の引き出しの数や思考の整理に役立ちました。
■人それぞれですね。
■改善には行動が必要です。
今度は場に合わせ方も改善したい。
■CDP、やはり先が見えにくい職種です。
■内容の棚卸しになりました。