中部研究会
 (2002.8.24〜25:湯の山保養所:8+1名)


今晩は、村松八重子@自宅からです。

昨日、今日とML初一泊オフ会を開催することができました。
研修後の懇親会席上には、よほど怪しげな研修を心配してみえたのか、生矢野正電話をいただき、メンバー全員ご挨拶させていただきましたが、MLの皆様方への研修報告をいたします。

結論からですが、終始、小倉さん&お母様(照代さん)のパワーに圧倒されたオフ会でした。
とにかくお母さんは明るい太陽そのものでした。
そのお母さんが管理される湯の山保養所で、実のある研修ができたことを主催者側といたしまして手ごたえを感じています。

最初に「私の歴史」について一人5分程度のスピーチを行いました。
決して飲み会などでは聞くことができない内容ばかりでした。
以下スピーチ順です。

中村さんのソーラーカー製作とボランティアが生んだ友情物語、
服部さん、感動した映画 今を生きると学生時代、
寺澤さんのおいたちと自分を変えたこの仕事、
村松、わたしを変えてくれた3人、
小倉さん、名古屋空港での墜落事故と自分、岩崎さん、我人生における兄貴と師匠、
山元さん、自分を変えた転校と相撲を発表いただいたところでタイムオーバー。
 岡田ちあきくんは、会食を挟んで行ってもらいたました。

先に心ゆたかに「であい」のビデオ鑑賞(60分)
今の私達に必要な心のゆたかさというものを各自見つめなおすことができました。
こころ温まる実話を元に、マニュアルどおりの仕事ではなく、相手(お客)の状況に瞬時に対応できる機転がこころ(社会)をゆたかにしてくれるというお話などです。
時に女性陣は、涙するシーンもありました。

懇親会をはさみながら、岡田ちあきくん再開。
8/24マクドナルドでマニュアルどおりの接客にあきれる を話していただき、以上参加者全員発表無事終了。

矢野先生、これ、本当に各自が真剣に取り組み、共有することで更にお互いを知る機会となりました。
その節は、アドバイスいただきありがとうございました。

そして、余興の一つ、チャオ!吾朗杯争奪線香花火大会をやりました。
予選に始まり、トーナメント3回戦をみごと勝ち抜かれた優勝者は、なんとおぐちゃんのお母さん(照代さん)でした。
おめでとうございました。\(^o^)/

イタリアの吾朗ちゃん、このような結果でした。

その後、おぐちゃんのお母さんのご好意により娯楽室の開放をしていただき、無料でカラオケ歌いたい放題で全員がはじけました。ひょっとして、中部地区から歌手デビュー?誰?

おぐちゃん、大変、お世話になりました。
同じ研修生でありながらも大変、お気遣いいただきありがとうございました。

参加者全員、矢野先生つながりの仲間ができたこと、矢野先生に改めて感謝いたします。
感動を共有することのすばらしさを感じる研修でした。

P.S.
行きのミニミニオフ会のアクシデント(村松が電車に乗ってないかも事件&切符紛失事件)にも翻ることなく対応いただいた岩崎さん、
ありがとうございました。

イタリアの車で自宅まで送っていただいた、中村さん、お疲れのところ、ありがとうございました。名古屋のお友達との再会はどうでしたか?チャオ。

一応研究会の体裁は整えている様です

研究会終了。何の会合かわかりません
左から岩崎さん、寺澤さん、服部さん、
ちあきさん、山元さん、中村さん、
村松さん、小倉さん

八重子ねえさん、
これがお目当てだったんだァ。

左からちあきさんと、小倉さん。
この二人、キャラがかぶっております。

イタリアの吾朗さんを思い出しつつ、
花火大会。

今回の事務局長と大会本部長さん。
ぜひ近いうちにお会いしたいものです。
もちろん、
息子ではなく、母上にです。